CONTENT コンテンツ

エアコンから水漏れ相談

こんにちは!Restart(レスタート)の竹中です。

今年のお盆は大雨続きでしたね。私は出身が五島列島の福江島なので久しぶりに帰省しましたが雨が続き何もできずじまいでした。。。

暑さは和らいだものの、じめじめした梅雨のような天気ですね。どちらかというと暑い方が私は好きですね。

部屋干しが続く季節ですが部屋干し臭が気になるお客様も多いようです。下記写真は洗濯槽用洗剤を使用した後(左写真)と洗濯槽クリーニングを行った後(右写真)の比較です。

洗濯槽用洗剤で表面的にはきれいになりますがやはり内側はなかなか取れないようです。クリーニングを行うことで新品のように綺麗になります!部屋干し臭の原因にもなりますので気になるお客様は是非お申し付けください!

洗濯槽クリーニングはこちらのメニュー中の縦型洗濯機クリーニングになります→https://restart2017.com/menu/

さて、表題の「エアコンから水漏れ相談」ですが、多くのお客様からご相談のご連絡を頂きます。

考えられる原因は2つです。

①ドレンホースの詰まり、ドレンホースの劣化

②配管の結露

まず①ドレンホースの詰まり、ドレンホースの劣化が起こる原因としては、エアコンの冷房運転ではアルミフィン内にある配管を冷やして冷たい風を送り出す仕組みなので結露が発生します。発生した水はドレンパンという受け皿に溜まってからドレンホースを伝って外に排出されます。長年利用されると水垢やほこり、カビの塊などがドレンパンやドレンホースに詰まり、外へ排出することができずに室内へ水があふれだしてしまうケースがあります。また、長年使用していると室内側ドレンホースの劣化でそこから水が漏れだすこともあります。対策としてはエアコンクリーニングやドレンホース交換になります。ドレンホースの詰まりだけであれば、室外機近くに出ているドレンホースから空気を送り出していただければつまりが取れる場合もありますのでお試しください!

次に②配管の結露です。通常配管は室内ではなく、室外に配線しますが、エアコン設置の場所によってやむを得ず室内を通す場合がございます。エアコンを正面にして左側から配管を外に出している場合が当てはまります。この場合①と同様エアコンの冷房運転では配管を冷やして冷たい風を送り出すので、結露が発生します。ただし、結露が発生しても室内に水が立てれ来ないよう、シールテープという特殊なテープでしっかりと養生します。このシールテープの劣化等によって室内に水が垂れてくる場合がございます。対応策としては専門業者にテープのまき直しを依頼されることをお勧めします。ほかにもガス漏れやエアコンの傾きが原因の場合もございますがほとんどが①or②です。

どちらも故障ではなく、ホース交換、クリーニング、テープ巻きで解決できます!故障ではありませんのでご安心ください!

知っていて損はないちょっとしたお役立ち情報を発信できればと思っておりますのでよろしくお願いします。

次回は社員紹介パート2ですので楽しみにお待ちください!

エアコンから水漏れ相談

長崎県全域で各種クリーニングを行っております。
・エアコンクリーニング
・レンジフードクリーニング
・キッチンクリーニング
・浴室クリーニング
・浴室乾燥クリーニング
・縦型洗濯機クリーニング